HairMatesの美容メディア>パーマ>デジタルパーマ >現役美容師が2019年人気の外国人風パーマを解説します

現役美容師が2019年人気の外国人風パーマを解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現役美容師が2019年人気の外国人風パーマを解説します

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。

東京都目黒区、東横線の学芸大学で美容師をしている、HairMates Tokyo 学芸大学の飯塚です。

今回は外国人風パーマの特集をしたいと思います。

ここでは外国人と言っても、白人の方の人種を指して話しを進めて行かせていただきます。

理由は、日本人はアジア諸国の中でも特に白人(国でいえば、US、EU)のファッションやヘアースタイルに憧れを持っていますし、外国人と言われて想像するのは白人だと思うからです(ヘアーについてのみだけ)。 

はっきりいって、自分もお客様から外国人風パーマのようなヘアースタイルになりたい、と、オーダーがあれば白人をイメージしちゃいます。


僕はアメリカNYMIDTOWNで5年間美容師をしていましたので、外国人の髪質やヘアー事情にはそれなりの知識と経験があります。

では、欧米諸国の白人(外国人)のリアルな髪の事情を書いていきましょう。

外国人風パーマのヘアースタイル

実は、映画・ドラマのスクリーンや雑誌で見る外国人女性のヘアースタイルは、ほぼ100%と言っていいくらいパーマではなく、ブローやカールアイロンで仕上げてあります。

街中にいる白人女性が髪を降ろしていて、とてもきれいな感じであれば、ほぼほぼ丁寧にブローやカールアイロンをしてるでしょう。

なぜなら、外国人(白人)の大半が天然のくせ毛であり、僕自身、外国人(白人)の完全な直毛は出会ったことがないからです。

髪も細く柔らかい方が多く、パーマをかけてもダレてウェーブがきれいに出ません(経験済み)。


ですが、その天然のくせ毛をロールブラシ等できれいにブローすると、強い巻髪からゆるい巻髪まで自在に作れちゃいます。

パーマをかけてもウェーブがきれいに出ない、ブローをすればCoolにもSexy & Gorgeousにもなる。

それならパーマなどせず、ブローをしますよね。


なので、まず皆さんに理解していて欲しいことは、外国人のウェーブスタイルはパーマではなく、

ブローやカールアイロンを使用して、柔らかく美しいウェーブスタイル & カールスタイルになっているということです。

では、アジア人の日本人がどうやったら外国人風風パーマになるか?は、目次の外国人風パーマのオーダーの仕方に書いておきます。



実際の欧米人のヘアー事情

欧米人は毎日シャンプーをしない方もも多く、週に1~2回はざらです。

ホテルに宿泊するとバスルームに透明キャップがあるのを見たことありませんか?

これはシャワーを浴びた際に髪が濡れたり湿気で、せっかくブローやセットした髪が崩れてしまわないためにあるものです。

僕は使ったことないですが、日本人でお風呂に入って髪を洗わないことってまずないですよね?

欧米人女性はシャワーは毎日入っても髪は毎日洗わない方が多数いると思って下さい。

ここで不潔!と思われた方もいると思いますが、日本人(アジア人?)は数日間、髪を洗わなかったら油で髪がベタベタになりますが、欧米人はそれが極端に少ないんです。

なので数日洗われてない髪でもサラサラだし油分も少なく汚い感じはしません。 

ほんと羨ましい限り!

僕の見解は、白人は頭皮や肌の油の分泌量が日本人より少ない+もともと乾燥毛+その国の気候の3つじゃないかと思っています。

僕は冒頭でも書いたように、NYMIDTOWNで勤務していました。

MIDTOWNってところは、東京でいう丸の内みたいな場所で、おしゃれを意識したOLさんが多く。決まって週2~3回はウォッシュ&ブローに来られる客様が沢山いらっしゃられました。

そのお客様は自宅ではシャンプーしないそうです。

理由はブローが上手じゃないし、だらしないヘアーで仕事へ行きたくないからだそうです。

至極当然ww

渡米する前は銀座で働いていたこともあり、ブローは得意分野だったので、NYでも沢山のウォッシュ&ブローのお客様を指名もらってました。

ほんと、銀座勤務で水商売のお客様に鍛えられて良かったww


 

外国人風パーマのオーダーの仕方

パーマには大きく別けてコールドパーマとデジタルパーマ(ホット系パーマとも呼ぶ)の2種類があります。

もっと細かく別ければ沢山あるんですが、ここではコールドパーマとデジタルパーマの2種類でお話しを進めていきます。

コールドパーマとは昔からあるパーマのことです。一般的にパーマと言えば皆さんが想像する種類のパーマだと思って下さい。

コールドパーマで外国人風パーマをするには、もともとの髪質がとても重要で、その髪質が極端に仕上がりを左右します。 

※コールドパーマで外国人風パーマに相性の良い髪質

・髪が細い~普通。

・クセ毛なし、またはくせが少ない

・髪の量が少なめ

・髪の色素が薄め

・ダメージは少ないに越したことはない

と、いった、これまた難しい条件(> <)

なので、上記の条件に合わない髪であれば、ホット系パーマである、通称デジタルパーマを是非!お勧めします。

オーダーの仕方は、希望写真を見せながら、

「毛先はちょっとゆるめで、中間にはしっかりウェーブをかけて下さい。そして外国人のような柔らかい質感のパーマが希望です!」 

で、OKです。 


デジタルパーマのメリット

・ウェーブの持ちが非常に長い。つまりウェーブが取れづらく長期間パーマを楽しめる。

・大きいウェーブを出しやすい

・コールドパーマほど髪質を選ばない

くせ毛であっても縮毛矯正を併用しながらパーマをかけれる

ご自宅でのお手入れが簡単で再現しやすい

・スタイリング剤が少なくていい

デジタルパーマのデメリット

・コールドパーマより施術時間がやや長いことが多い

・コールドパーマに比べ料金が高め

こうみると、圧倒的にデジタルパーマの方が良いように思いませんか?

でも、そうなんです! デジタルパーマはとても優秀なんです。

外国人風デジタルパーマなら欧米人の巻髪ウェーブから、欧米人特有のくせ毛のアンニュイなウェーブもかけれちゃいます。

HairMates Tokyo 学芸大学のパーマ希望のお客様の8割がデジタルパーマで、全スタイリストとも超得意分野なんです。

くせ毛の方でも、矯正しながら大きい上品なウェーブも可能。ゆるめのくせ毛風ウェーブも可能です。

ぜひぜひ、試して欲しいです。

HairMates Tokyo 学芸大学での外国人風デジタルパーマ施術

・髪のダメージに最もつながりやすい1剤の使い分けが重要。

健康毛にはチオ系*1剤を使用。
*
チオ系は基本的にしっかりとパーマがかかる薬剤。


※デジタルパーマは通常、頭皮付近まで1剤は塗布しません。なので根本からしっかりパーマが欲しい場合はコールドパーマをお勧めします。

最初に塗布したチオ系1剤の反応直前に、*システアミン系1剤を毛先に塗布。

* システアミンはチオより弱くダメージ毛に適しています。

つまり、時間差で1剤を塗り分けて塗布し、髪の負担を極限まで減らしていきます。

(1剤を塗布したままで時間をおけばおくほど髪は痛むからです)

まとめますと、健康毛はちゃんとウェーブが出せるようチオ系1剤を塗布し、約10分弱放置。

その後、時間差でダメージ毛にはシステアミン系1剤を塗布し、数分放置して1剤を全て流す。 です。

最近ではカラー毛でダメージもある方がほとんどですから、

デジタルパーマで外国人風パーマなどは繊細に施術をすることがとても重要です。


※上記のスタイルはすべて外国人風デジタルパーマでかけました。

まとめ

外国人風パーマをかけたい!外国人風ウエーブにしたい!方はぜひ一度ご相談に来て下さい。

ぜひ、お待ちしております。

飯塚ノリト

飯塚ノリト

Written by:

 流行を上手く取り入れ、そして流行だけじゃなく、お客様のマイノリティを大事にし、

その人に似合ったスタイルを提案しています。

 海外経験豊富なので、欧米人のスタイルが好きな方は是非、ご指名下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯塚ノリトは、こんな記事も書いています。

  • 現役美容師が2019年人気の外国人風パーマを解説します

    現役美容師が2019年人気の外国人風パーマを解説します

  • 白髪染め ハイライトカラーでおしゃれなヘアースタイル【特選】

    白髪染め ハイライトカラーでおしゃれなヘアースタイル【特選】