HairMatesの美容メディア>カラー>お気に入りのヘアカラーを長持ちさせたい!色落ちしても長持ちするヘアカラーの秘訣♡

お気に入りのヘアカラーを長持ちさせたい!色落ちしても長持ちするヘアカラーの秘訣♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りのヘアカラーを長持ちさせたい!色落ちしても長持ちするヘアカラーの秘訣♡

皆さんこんにちは^^

お気に入りのヘアカラー、

せっかく可愛く染めたのにあっという間に色落ちしちゃった・・・。

なんて経験が皆さんあるのではないでしょうか?!

あとは染めても一週間もするといつも同じ髪色に戻ってしまったり。。。

今日はそんな方にお伝えしたい!!

私がおススメする

【 ヘアカラーの仕方やオーダーの仕方 】

【 ヘアケアの仕方 】など。

”ヘアカラーを長持ちさせたい人必見!!!!”

お気に入りのヘアカラーを長持ちさせる方法を

私なりの考えで簡単にわかりやすくお伝えしていきたいと思います♪


どんなヘアカラーなら長持ちするの???

なるべく少しでもいいから

ヘアカラーを長持ちさせたい!!!!

誰でもそんな風に思うはず。

私は ”ヘアカラーを長持ちさせたいです!” 

とおっしゃるお客様には

”じゃあ何を優先してヘアカラーをしたいですか??
” 

と尋ねます。


ヘアカラーが長持ちしない原因については

後に詳しく書きましたので

そちらも是非参考にしてくださいね♪


もちろん、ヘアカラーが長持ちせずに悩んでらっしゃる方へのアドバイスです。


私がヘアカラーを長持ちさせたいお客様に

提案するパターンを紹介しますね♡


提案1.今日完璧? or 長い目でみて完璧?


これはどういう事かといいますと、

このヘアカラーにしたい!

とお客様がイメージしていた髪色。

でもなるべくヘアカラーは長持ちさせたい!時。


私は、理想のヘアカラーよりも濃いめにすること

もしくは 明るさを希望よりも暗くすること 

をおすすめします。


理由はその方の髪質です。

いろいろな髪質がありますが、

ヘアカラーが長持ちしない理由は

髪の中身がダメージにより少なくなっている方が

ほとんどだからです。


仮に、ヘアカラーが1週間で落ちてしまう場合に

1週間でも2週間でも長持ちさせたいと思いますよね。


シャンプーする度に髪色が明るくなってしまうのなら、

ヘアカラーをその日に完璧な理想の色にしたら

1日しか保てません。


少し色を暗めもしくは濃いめにして、

その色が退色していくのを楽しむ事もおススメしています^^


✤少し暗めのヘアカラーって?

すぐヘアカラーが抜けちゃって

明るくなってしまいやすい場合は、

今日したい明るさよりも

1.5~2トーン暗めのトーンでオーダーをしてみて下さい!!


髪質によっては7トーンでカラーしても

9トーンになってしまう人もいたりします。


色が上がりやすい髪質です。

また、仕上がりの明るさは少し暗くても

ヘアカラーする前の髪色がかなり明るい場合は

すぐにその明るさに戻りやすいので

少し暗めにすると失敗が少ないですよ!!!


✤濃いめのヘアカラーって??

色が思った色になりにくい人の場合は、

したい色を濃いめにすることで

長持ちしてくれることが多いです。


アッシュ系なら、

グリーンもしくはブルーを強くヘアカラーに入れます。


もしくは、

アッシュブラウン ではなく アッシュ 

つまり、ブラウンが入っていない

色味が強いヘアカラーを選ぶことです。


最初はすごく色が強くでる事もありますが

普段思い通りにいかない方はこの方法はかなりおススメです!


提案2.同じ色を何度も重ねる!!

こちらもお客様にお伝えする事が多いです。


これは、ヘアカラーが長持ちしにくい方へ効果的だと思い

オススメすることがとても多いです。

何度も繰り返し同じ色を入れることで、

髪の中にその色の色素が残留しやすくなります。


毎回毎回カラーチェンジをされたい方も

いるとは思いますが、


寒色(アッシュ系)か

暖色(赤系やピンク)か

だけでも同系色にしてあげると

ヘアカラーはぐっと長持ちするようになります^^


1度で思った通りのヘアカラーになりにくい方は、

諦めずに2度3度いれてあげると

長持ちかつ綺麗なヘアカラーになりますよ。



髪質によって持っているメラニンの量は違うので、

自分の髪質に合わせて何度もやると

綺麗になるのかも違いますので

そこは美容師さんに要相談です!!


提案3.髪に栄養を与えながらヘアカラーする。

ヘアカラーをする際に、

サロントリートメントは皆さんされますか・・・?


そして普段美容室でしてもらってるトリートメントって

どんなトリートメントですか・・・?


これ、ものすごく重要なんです。


重要なのは、

どんなトリートメントをしているか” です。


私が提案するのは、

髪に必要な栄養を与えながら

ヘアカラーをするためのトリートメント。


ヘアカラーが長持ちしない原因のダメージ。


ダメージのひどい髪は、

ヘアカラーをしても色は長持ちしなくは当たり前。


なので、

ヘアカラーの前に髪にしっかり栄養をいれて

健康な髪の状態に近付けてヘアカラーをします。


キューティクルが少ない髪の人には、

ヘアカラーの後にしっかり疑似キューティクルを作ります。


そうすることで、全然ヘアカラーを長持ちさせる事ができます!


トリートメントは美容室によって全然違います。


そして、いくつも種類があるところがほとんどです。


その時の自分の髪の状態に必要なトリートメントは何か?

なぜ必要なのか?

はしっかり確認したいポイントです!!!


お気に入りのヘアカラーを長く楽しみたい人へ

せっかくお気に入りのヘアカラーになったのに

すぐ色落ちしちゃう・・・。

なかなか思い通りのヘアカラーにならない・・。


そんな時は、

HairMatesで長持ちするお気に入りのヘアカラー

にしませんか^^?


そして、HairMatesでは必ずカラーの施術前に頭皮ケアを行っているので頭皮へのダメージも抑えながら染めることができます!!!!


このブログを見て下さった方には、スペシャルプライスでご案内させて頂きます!!!

このブログを読んで塩田指名予約の方限定

全メニュー30%オフ

利用条件:ブログを読んでくれた方○

こちらからご予約


是非、ブリーチを使ったヘアカラーに興味がありましたら気軽にいらして下さいね☺

しっかりと丁寧なカウンセリングで、喜んでいただける様に精一杯頑張ります!!


デザインカラーでヘアカラーを長持ちさせる!!

私がもっともっと皆さんにおすすめしたいのは、

デザインカラーです!


もう一色染めは、古い!!!!!


一色に見えたって実はデザインを忍ばせてるヘアカラーも沢山あります♪


デザインカラーって何?


簡単に説明すると、

ハイライトやローライトを入れて

立体感のあるヘアカラーを作り出す事です^^


ヘアカットに合わせてデザインをしながら

ヘアカラーをすることで、よりオシャレで素敵な髪型になりますよ♪♪


また、インナーカラーもデザインカラーの1つです。


デザインカラーをした方が色が退色しても、

立体感があるのでヘアカラーが楽しめる時間も長持ちします!!!


グラデーションカラーも

根元を地毛に馴染む色で染めれば、

デザインが長持ちしてヘアカラーを

長く楽しむことができます◎


人それぞれやり方は何通りもありますが

少しご紹介させていただきます^^


その1.地毛を活かしたハイライト・ローライト


デザインを入れる前の何もしていない髪の状態


ここに、動きがでるように沢山のハイライトとローライトを入れました。



伸びてきた髪の毛にも馴染むように、

上からガッツリハイライトではなく

自然でナチュラルなグラデーションを意識した

ハイライトを入れています!!!!




ハイライトも 細い・太い を

ランダムに入れることでストレートヘアにも

動きを付けることが簡単にできます^^


ちなみに、カールを付けてあげると・・・

よりハイライトの動きが見えるようになります^^


こちらのデザインカラーは、

地毛のベースにハイライトを入れて

上から赤味を取ってくれる

ダメージレスなカラーをトナーしました!!

なので髪へのダメージも少なく済みました♪♪


ここから髪を伸ばそうという方にも、

自然に馴染みながら伸びてくれるので

ヘアカラーはとっても長持ちします。


長く持つ方で、

半年も気にならなくてカラーしませんでした!!!

なんて方もいらっしゃいましたよww


その2.ずっと明るいカラーが止められない!!でもカラーは毎回したくない

明るいカラーは好きだけど、

そんなに頻繁にはヘアカラーをしたくない。

でも長持ちさせたい!!

ブリーチが沁みて痛いから全頭にはできない!

なんて方にも◎


いらした時の髪色はこちら。

半年ぶりのヘアカラーでした。

ここからバレイヤージュをします。



根元には一切ブリーチ剤はつかないように丁寧に塗ってます。

シャンプー後はこんな感じに。。。

この方は、かなり赤味が多い方なのでオレンジになりやすい方です。



ここから、色が落ちた時にもキレイになる様に少し濃いめのカラーを入れました。



色が抜けても長持ちするように、毛先には少しだけパープルが入っています。

これも、長くヘアカラーを楽しんで頂きたいための工夫です^^


その3.白髪をごまかしながらのデザインカラー

こんなオーダーも結構増えてきて

30代~のお客様に人気のデザインカラーです^^


ファーストグレー(初めての白髪)が

気になりだしたけど・・・まだ白髪染めはしたくない。。

でも白髪が気になって仕方ない。。。

そんな方もお客様には多くいらっしゃいます。


でも長い目で見たときに、

白髪染めをしてしまうとできるヘアカラーも

限られてきてしまいます。


明るくしたくても、白髪染めが邪魔して

なかなかキレイに色が入らなかったり・・


もし、白髪で悩んだらまずは私に相談して欲しいです!!!!


では、染める前の写真です。


少し白が目立つ。。まったく染めていない地毛の状態。。

ここから、明る過ぎないハイライトと

ローライトで白髪をすくってデザインをいれました。


経過の写真を撮り忘れてしまいましたが、、、


白髪が気になる方には、

白髪が気になる箇所に細かく集中してローライトを入れます。

そこの隙間に動きが出るようなハイライトを狙って入れています。




全体の明るさは、お客様の雰囲気を見て私のおススメでカラーさせて頂きました。



白髪が目立っていた分け目の部分も目立ちにくくなりました^^


その4.長持ちさせたい方へ提案したヘアカラーの紹介☆


根元は地毛に近いアッシュ系で、伸びてきた時も目立たない色に。

耳あたりから、内側にハイライトを入れて髪を巻いた時に動きがでるヘアカラーをデザインしました。



この方は、どこでヘアカラーしてもアッシュが入らないという事でした。



色味をかなり濃く入れる事で、オリーブベージュに仕上がりました。

でも、このヘアカラーは普通に染まる髪質の方にしたら

すごく緑になってしまいます。


やはり、髪質によってかなり美容師もレシピを変えてます。

今までよりも少しでもヘアカラーが長持ちする様に工夫をしていますので

少しでも興味がありましたら、相談してくださいね^^


ヘアカラーが長持ちしない原因って??

ヘアカラーをしても、いい色だな~って時間は1週間として持たない。。

アッシュ系にしてもすぐに茶色に戻ってしまう。

お客様からよく聞くお話です。


さて、原因はなんだと思いますか??


難しい話をすると長くなってしまうので、ここでは簡単にお伝えしたいと思います。

もちろん、原因はいくつもありますし正解は一つではありません。


美容師さんにも色んな考え方があるので、あくまで私がお客様にお伝えしている事です。


大きく分けて原因は3つ。

ダメージ・髪質・シャンプーです。


そんなことは知ってるよ~。と思った方もいるかもしれません!!!

でも、ヘアスタイルを楽しむ以上どんなヘアスタイルにするにも

この3つはつきまっとてきますのでここでは丁寧にお伝えしていきたいと思います。


原因その1.【ダメージ】

ダメージとは、髪は1本1本が筒状になっています。

イメージとしては海苔巻を想像して下さい。

髪の構造も同じです。


キューティクルは海苔の部分。

髪の中身は、ご飯や具だと思って下さい^^


ダメージとは、キューティクルである海苔の部分が少しずつ剥がれていくと

中身の米や具がその剥がれたところからどんどんこぼれてしまいます。


そうすると気が付いた時には、海苔だけのペラッペラな状態になってしまいます。

それは、ダメージでいうとかなり最悪な状態です。

そこまでいくには、なかなかの時間がかかるとは思いますが

たいていの方のダメージは、キューティクルが剥がれている状態です。

キューティクルが剥がれ始めて髪の内部が外へ出始めている状態。


ヘアカラーの色は、髪の内部へ入っていきそこで発色します。

カラー剤が髪について反応すると、

キューティクルが開いて内部へ浸透し髪の毛の中身と反応して色ができます。

反応が終わる時に、しっかりキューティクルが閉まることでヘアカラーが定着します。


大事なのは、ここです!!この時にしっかり閉まるキューティクルがないと・・・ヘアカラーはそこに留まる事が出来ません。


なので、ダメージが強い方はたいていこの時からすでに。。。色落ちが始まっていたりします。

残念です。


原因その2.髪質


髪質は、人それぞれ様々なです。

髪を染める際は、髪の中のメラニン色素をカラー剤が壊すことで色を変える事ができます。


メラニン色素が多い人だと・・・・赤味が強く明るくしたくても明るくなりにくい・アッシュ系が入りにくい


メラニン色素が少ない人だと・・・黄色味が強く、どんな色にしても抜けて明るくなりやすい・ダメージしやすい


など髪の色素(メラニン色素)によってはこんな特徴を持たれている方が多いです。


この他にも、髪が硬かったりキューティクルの枚数が多めだと色が入りにくかったり、、


しっかり染まったと思っていても

髪の表面でカラー剤の反応が終わっていると

その時は染まったように見えていても

すぐに落ちてすぐにただの明るい髪になってしまったり・・・。


乾燥毛の人もいれば、油分が多くカラー剤を弾きやすい髪質もあります。


髪質によっても、同じカラー剤や同じ配合のレシピで染めても全然同じにヘアカラーになってくれない事もよく起こります(;;) 

ヘアカラーって本当に奥が深いです。。。


原因その3.シャンプー


これも今となってはどこでも美容師さんは言いますし、

ネットを見てもかなりの確率で書いてあります!!


なぜシャンプーが原因なのか。


簡単に説明すると

シャンプーによっては洗浄力が強く

せっかく入れたカラーの色素までも洗い流してしまうから です。


髪が水分を含むとキューティクルが開くので

その時が1番髪がデリケートになります。

その時に強い洗剤でゴシゴシ洗ったりしたら

髪の毛が傷ついてしまうのは当然のことですよね。。

なので、髪をなるべく傷つけず優しく洗える物を選んで欲しいです。


そして、いまではノンシリコンシャンプーをお使いの方も多いかと思うのですが

決してシリコンが髪に有害なのではありません。


シリコンは主に髪の表面を包み込み外から守ってくれる働きがあります。

ですが、、、良質なシリコンであれば毎日のシャンプー前の湯せんで流れ落ち

またシャンプー後には新しいシリコンが髪を守ってくれます。


ですが悪質なシリコンは、

湯せんではなかなか落とせずにドンドン髪にこびり付いてしまいます。

そのたび重なったシリコンのコーティングのせいで

髪はドンドン細くなってしまいます。


コーティングだらけになってしまった髪を

キレイにヘアカラーして色を長持ちさせる事はかなり難しいんです!


なるべく、ヘアカラー前の髪のコンディションも良い状態で施術してあげること。


それは、ヘアカラーを長持ちさせるためには重要な事です。



決して、良質なシリコンであれば入っていても構いません!!


ノンシリコンであっても、強いコーティング剤が入ったシャンプーは沢山あるので注意が必要です!!


ですから、貴方に合った洗浄力の優しいシャンプーを使って欲しいな~と思います。


そしてその時にしっかり考えて欲しいのは、貴方の髪質です!!!!


よく、カラー用のシャンプーを使っているんです!というお客様がいます。


決して誤解して欲しくないのは、

カラー用のシャンプーが自分の髪質にちゃんと適したものかという事です。


いくらカラー用のシャンプーとはいえ、

どんな髪にも適しているわけではなく自分の髪質に合わないシャンプーを

使い続けていれば髪の毛がゴワゴワになってしまうなんて事もあります。


カラー用のシャンプーでなくても洗浄成分が

優しく髪に栄養を与えてくれるシャンプーもあります。


なので、ヘアカラー用のシャンプーを使っても

しっくり来ていなかったり

色が長持ちしない場合はシャンプーを変えてみるのも良いと思います^^


どんな物を使えばいいのか分からない時は、

美容師に必ず相談してくださいね♪♪


ちなみに、私がオススメするシャンプーは

COTAのアイケアシャンプーです。

こちらのシャンプーは5種類あって、

髪質や求める仕上がりによって自分でチョイスする事ができます♪


洗浄成分も髪と同じアミノ酸の成分で作られいて、

シャンプーの泡を髪に揉み込んであげると髪がツルツルになります^^

わざわざアイケアシャンプーを買う為に

美容室にいらっしゃる方がいるほど

人気のシャンプーなので

気になる方は是非こちらへ。


まとめ

今回は普段のサロンワークから、お客様へお伝えしたい内容を書きました。

まずは、自分の髪質を知って悩みとしっかり向き合ってみると何か変えられるかもしれません!

このブログを読んで、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです^^


このブログを読んで塩田指名予約の方限定

全メニュー30%オフ

利用条件:ブログを読んでくれた方○

こちらからご予約

塩田 裕紀

塩田 裕紀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塩田 裕紀は、こんな記事も書いています。

  • お気に入りのヘアカラーを長持ちさせたい!色落ちしても長持ちするヘアカラーの秘訣♡

    お気に入りのヘアカラーを長持ちさせたい!色落ちしても長持ちするヘアカラーの秘訣♡

  • 【くせ毛の方必見!】もう悩まない!失敗しない!!くせ毛の髪型のオーダーの仕方♡

    【くせ毛の方必見!】もう悩まない!失敗しない!!くせ毛の髪型のオーダーの仕方♡

  • 色落ちしてもオシャレ♡ブリーチしても長持ちするヘアカラーのコツ

    色落ちしてもオシャレ♡ブリーチしても長持ちするヘアカラーのコツ

  • 【ハイライトとローライトで作る!!】色が抜けても楽しめるヘアカラー☆☆

    【ハイライトとローライトで作る!!】色が抜けても楽しめるヘアカラー☆☆

  • くせ毛でも出来る!!似合わせボブ♡

    くせ毛でも出来る!!似合わせボブ♡

人気記事 新着記事 関連記事
  1. 1

    頭皮が痛い原因  対策と予防法を美容師目線でお伝えします!

    頭皮が痛い原因  対策と予防法を美容師目線でお伝えします!

    67287

    2019/07/31
  2. 2

    【2019年最新】グラデーションカラー☆ ブリーチなしで綺麗に見せるワンランク上のカラー!

    【2019年最新】グラデーションカラー☆ ブリーチなしで綺麗に見せるワンランク上のカラー!

    13331

    2019/03/31
  3. 3

    【ハイライトとローライトで作る!!】色が抜けても楽しめるヘアカラー☆☆

    【ハイライトとローライトで作る!!】色が抜けても楽しめるヘアカラー☆☆

    10351

    2019/02/22
  4. 4

    【2020年春】自分に似合うショートヘア診断!!失敗しないショートボブの極意教えます!!

    【2020年春】自分に似合うショートヘア診断!!失敗しないショートボブの極意教えます!!

    3985

    2019/03/24
  5. 5

    色落ちしてもオシャレ♡ブリーチしても長持ちするヘアカラーのコツ

    色落ちしてもオシャレ♡ブリーチしても長持ちするヘアカラーのコツ

    3901

    2019/03/22
  1. 1

    パーマをかけるのが初めての方必見! 知っておきたいパーマの事

    パーマをかけるのが初めての方必見! 知っておきたいパーマの事

    35

    2019/10/25
  2. 2

    お気に入りのヘアカラーを長持ちさせたい!色落ちしても長持ちするヘアカラーの秘訣♡

    お気に入りのヘアカラーを長持ちさせたい!色落ちしても長持ちするヘアカラーの秘訣♡

    145

    2019/08/25
  3. 3

    【2019年秋】人気のインナーカラーに挑戦。  大人もロングでもかわいいヘアカラー提案

    【2019年秋】人気のインナーカラーに挑戦。 大人もロングでもかわいいヘアカラー提案

    266

    2019/08/24
  4. 4

    実は、白髪染めは明るくてもしっかり染めることができる。

    実は、白髪染めは明るくてもしっかり染めることができる。

    280

    2019/08/23
  5. 5

    【2019年】ハイライトでデザインする大人ショートヘア

    【2019年】ハイライトでデザインする大人ショートヘア

    335

    2019/08/23
  1. 1

    実は、白髪染めは明るくてもしっかり染めることができる。

    実は、白髪染めは明るくてもしっかり染めることができる。

    280

    2019/08/23
  2. 2

    【2019年最新】グラデーションカラー☆ ブリーチなしで綺麗に見せるワンランク上のカラー!

    【2019年最新】グラデーションカラー☆ ブリーチなしで綺麗に見せるワンランク上のカラー!

    13331

    2019/03/31
  3. 3

    色落ちしてもオシャレ♡ブリーチしても長持ちするヘアカラーのコツ

    色落ちしてもオシャレ♡ブリーチしても長持ちするヘアカラーのコツ

    3901

    2019/03/22
  4. 4

    【ハイライトとローライトで作る!!】色が抜けても楽しめるヘアカラー☆☆

    【ハイライトとローライトで作る!!】色が抜けても楽しめるヘアカラー☆☆

    10351

    2019/02/22
  5. 5

    白髪染め ハイライトカラーでおしゃれなヘアースタイル【特選】

    白髪染め ハイライトカラーでおしゃれなヘアースタイル【特選】

    2826

    2018/11/15

カテゴリー